医者と老人

岡山での透析

岡山で透析

指をさす医者

透析患者については、障害者認定を受けますので、自己負担の費用は一切かかりません。 しかしながら、一旦透析を受けることとなりますと、やめることはできず、受け続けることになってしまうのです。 透析は腎臓の機能が働かなくなり、変わって老廃物を出すものです。 岡山における患者も近年は増加してきており、受ける病院側も、専用の病棟を建築するなどの対策をし、患者の受け入れを行っています。 岡山における透析患者は、やはり男性が多く、原因としては、やはり食生活にあるとされています。 男性についても、高齢の方が多いと思われがちですが、近年では、若い世代にも透析患者は増えてきており、岡山における患者についても同様のことが言える状態です。

治療の時間について

透析にかかる時間は岡山でも同じで、始めてから、四時間は必要とされています。 患者も大変ではありますが、病院まで送迎する方も大変な事でしょう。 一週間に三回は透析を受けなくてはいけなく、また、治療時間も四時間とかなり時間を要する事が多いです。 その間、治療を終えるまでは待機しておかなければいけません。 この作業を週に三回となりますと、もし働いている方だと、仕事の継続は難しく、おそらく退職することになると思われます。 こうしたかなりの負担を克服しながら、透析という病気と戦うことになるのですが、お互いの協力がなければ続けられないことです。 また、透析しなくても良いように、今からでも食生活には気をつけて生活することです。