元気な体を保つ為に

ピックアップ

内科を受診

椅子

都筑区には内科が多く存在します。そして先生が専門に治療をしている分野もあるので、それに応じて診て貰いましょう。また内科では健診や予防接種を行っていますので、定期的に健診を受けたり、必要に応じて予防注射をしてみましょう。

More...

岡山での透析

指をさす医者

岡山で透析を受ける方は、数多くおられます。また、同じく送迎をされる方も同様多くおられます。今後については、この送迎問題を解決することに力を注ぐ事をしなければいけません。少しでも負担を減らすことが大事となっています。

More...

甲状腺の異常

白衣を着た女性

人間の身体の必要なホルモンである甲状腺ホルモンを分泌しているのが甲状腺ホルモンです。その甲状腺に異常が出た場合の症状や治療方法などを予め知っておくことで早い段階で対処することが出来ます。

More...

正しい食事療法や予防

腎臓病と高血圧の関係

腎臓病は腎機能がかなり低下しないと自覚症状が乏しく、腎不全へ移行するまでに体内で様々な症状が発症します。腎臓の糸球体で濾過させるべきたんぱくが尿に出てきたり、赤血球が混じり血尿になることがあります。腎機能が低下してくると体内に溜まった水分や塩分を上手に排出することができず、むくみが発症します。そのため尿を濃縮することができなくなり、多尿になる場合もあります。また、腎臓病になると塩分の排泄ができず、血圧をコントロールできなくなり高血圧へ繋がります。高血圧や動脈硬化は腎臓の血管を細く固くするために血流が悪くなり、腎不全へ移行してしまいます。腎臓病予防には、高血圧や動脈硬化を改善するための食事療法が効果的です。日頃から食事療法を意識した摂取方法を身に付けましょう。

食事療法と薬物療法が必要

高血圧から発症する腎硬化症だけでなく、甲状腺や糖尿病から腎臓病へ移行する場合がかなりのケースであります。透析を受ける患者の原因といわれる代表的な症状に、糖尿病性腎症があります。糖尿病による腎臓病は、原因である高血糖の状態を食事療法を行うことで改善していきます。血糖値をコントロールすることで網膜症や神経症などの合併症を発症させないようケアしていきます。より腎臓病が進行した場合、食事療法と共に薬物療法が必要になります。赤血球を作るホルモンや血圧を調整するホルモンの分泌、調整をします。また、溜まった老廃物や毒素を排泄するために内科で透析を行うことも欠かせません。内科の透析には腹膜透析や血液透析があります。時間のかかる治療ですが、病気の症状をできるだけ進行しないよう食い止めてくれます。